仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

人間関係の悩みによりホールのアルバイトを辞めました

      2016/02/07

私は高校を卒業してから就職先も決まっていなかったというのもあり、近所の飲食店で働き出しました。

早番の仕事というのもあり、起きるのは早朝5:00で、出勤は6:15でした。

低血圧の自分にはしんどさのあるスケジュールでしたが、就職ができなかった負い目もあり「辛くてもここで頑張ろう」と決めていました。

頑張ろうという気持ちが強かった私は普段は出さないような大きな声で接客をし、まずはレジ接客くらいはしっかりやろうと商品知識は

バイト先の公式サイトなどで勉強してから出勤していました。

はじめはその努力が実り、先輩方からも「よく声が出て良いね」「よく商品を覚えてきたね」と褒めて頂いていました。

その様子を見た店長より「明日からホールの仕事もして下さい」と指示がありました。

面接時はホールの仕事はしないという話のはずでしたが、私は断る事ができずに手伝う事になってしまいました。

そこから私は失敗を連発してしまいます。

早朝は店長と私の二人きりでホールに入るのですが

「これはどうやればいいのでしょうか」と聞くと「マニュアルを読め」と言われてしまいます。

マニュアルを読みながら作業をしていると急に横から「違う!何やってんだ!!」と厳しく注意されて驚いてしまい私はすっかり萎縮してしまうようになりました。

店長の反応が恐ろしく感じるようになり聞きたい事を聞こうとしても口が動かずにまた失敗、すると激しく叱られるという繰り返しになりました。

「失敗するくらいなら聞け」と言われたので分からない事を聞くと「そんな事もわからないのか?」と突き放されてしまいます。

その場では決して泣きませんでしたが、家に帰ると泣く毎日でした。

毎日怒鳴られる生活になり、どんどん自分の気持ちに余裕がなくなって行くのを感じました。

先輩や後輩は私のように怒鳴られるような事もなく、だんだん自分だけが辛い思いをしているような錯覚に陥るようになりました。

逃げるように辞めるのは嫌だと思っていたのですが3ヶ月経った時点で限界を感じ、辞めるに至りました。

 - サービス , ,