仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

同僚にいじめられてしまいました。

      2016/02/07

私は建設業の経理事務をやっておりました。
わたしはその当時で入社10年のベテラン社員でした。
しかし、中途で入社してきた7歳上の女性に身も心もズタズタにされてしまっていきました。
まずはじめに同じ職場に私の主人が勤めていました。
主人はその当時入社15年で、主人がそのわたしをいじめていた女性の上司にあたる立場でした。
最初はその女性が入社したばかりで慣れないだろうと思い、愚痴などを聞いてあげていました。
仕事を手伝ってあげたりいろいろ気を遣ってあげていたつもりです。
しかし、ある時から徐々に主人の悪口をわたしに言うようになったのです。
そしてこういうふうに悪口を言っていることを本人には言わないでほしいと言われたので、そのまま聞くようになってしまいました。
その悪口もたまに主人も悪い時もありますが、時には主人が全く悪くなくその女性のただの我儘だろと思うようなことも多くなってきました。
そしてこの苦しみがいつまで続くのだろうと思い、いつしかその女性がやめてくれないだろうかと願うようになっていったのです。
わたしは苦しみから逃れたいがために、いくつかの占いに行きまくり精神的にもおかしくなっていきました。
仕事を手伝ってあげても、それが当たり前になり手伝わないと次の日の朝から機嫌も悪くなる始末でした。
そのうち私はもう会社に勤められないと思った瞬間が訪れました。
それで夏のボーナスをもらって辞めることに決めました。
2月頃上司に会社を辞めますと報告をしました。
しかし、7月までは5か月もあるので長いなと感じてはいました。
5月の中ごろになって体の調子がおかしくなってきました。
7月まで勤めなければいけないことになっていたのですが、体がきついので限界だと主人に相談しました。
しかし、主人はわたしの辛さがわからずあと2か月なんだからがんばればと言ってきました。
どのように体がきつかったのかというと、毎朝起きたら吐き気がするのです。
でも会社に行かなければいけないので毎朝胃薬を飲んで出かけていました。
会社の仕事で銀行にでかけることがあったのですが、銀行で処理を待っている間胃薬を飲んでいても吐き気が取れず近所のコンビニのトイレにかけこみました。
そして銀行にまた戻るとまた吐き気がしたので今度は近所のモノレールの駅のトイレにかけこみました。
これで体がおかしいと思い、5月に予定されていた社内旅行も上司に相談してキャンセルさせてもらいました。
その時上司に胃カメラ飲んでみるかと言われ病院に行ってみました。
結果は異状なしでした。そのことを上司に伝えると、そしたら精神的なものかもしれないよと言われたので今度は心療内科を受診してみました。
今まであったことや、体の症状などをお医者様に伝えたところ「うつ状態」であることを伝えられました。
診断書を書くから明日から1か月会社をお休みしなさいと言われてしまいました。
その心療内科を受診した時点ではもう6月半ばになっていましたので、そのまま軽く引継ぎをして7月末までは有給を消化する形にしてもらいました。
心療内科で出してもらった薬は、脳の神経中枢に効く薬を出していただいたのでそれで吐き気などがおさまりました。
でもその薬が効くという事はやはり心が病んでいたのだと思います。
お医者様からその診断が出たと言うのを聞いて主人はとても驚いており、心配しておりました。
結局いじめられたことによってストレスをため込み、その苦しみからいつになったら逃れることができるのだろうかと考えているうちにどんどん深みにはまっていき体を壊す結果になってしまいました。しかし今はやめて良かったと思いました。そんな我慢してまで勤めなくても他に職場はいっぱいあると思いました。

 - 建築