仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

苦手な仕事はお金のためにも続けることは難しい

      2016/02/07

私は今まで色々な職業を経験してきました。辞めたいと思って辞めたり、仕方なく辞めたこともあります。個人的には金銭が稼げれば、どんな仕事でも構わないなー、と思っていたはずなのですが、いざ始めてみると妙なこだわりがありました。
*来客対応が苦手
デスクワークが好みで就職した場所で、基本的にお客さんが来る窓口がない会社だったのでとても最初は気に入っていました。

でも、早々に上司の秘書のような状態になってしまい、打ち合わせなどの来客の度にお茶出しや資料提供などを求められました。お茶出しはいくらやっても慣れず、ずっと苦手に思っていたので、そこでもやっぱり上手く出来ずに悶々としました。茶菓子の買い出しを頼まれ、適当に買ってきたものがかなり不評で落ち込みました。

自分のセンスのなさは実感していたので、無難に揃えたのに…。通常業務の伝票打ち込みばかりをやっていたかったです。

*同僚のおしゃべりが苦痛

その会社で受け持っていた仕事は、伝票整理、問い合わせ対応、会計帳簿作成でした。特に難しいものではなく、業務自体はサッと終わりました。暇で暇で仕方がないほどでした。

給料もよく、オフィスの環境もほどほどに整えられていて人から見たら非常にいい職場でした。しかし、私は生来の真面目気質だったので、その何もしないで給料をもらっている状態が気に入らなかったのです。もっと私にはできることがある、と片っ端から何か仕事を与えて欲しいと声をかけたいところをグッと我慢していました。

しかし、向かい側に座っていた同僚の女性たちが、一日中おしゃべりをしていて、それが煩くて煩くて耐えられません。ちょいちょい話を振ってくるので答えますが、どうでもいい話です。面白くもなんともありませんでした。

*とんでもない仕事を丸投げされた

真面目に仕事をしていたせいか、時折荷が重い業務を任されることがありました。その都度なんとか乗り越えましたが、ある時新しいシステムを導入するプロジェクトを任されました。

そのシステムは会社の根幹に関わる大きなもので、私のような末端の社員に到底理解できない内容です。色々な部署に聞き取りを行ったり、その手の本を買って勉強したりで一生懸命進めましたが、外部のシステム屋の動きも散々でどうしようもありませんでした。毎日遅くまで検証を重ねて、責任者も何もしてくれず疲弊しきってしまいました。
結局、それらのことがきっかけになりその会社を辞めました。知識が広がって良い経験だったと言えなくもないですが、もう2度としたくないなぁと思っています。

 - 仕事コラム ,