仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

長時間勤務が苦痛で飲食店の厨房業務を辞めました

      2016/02/07

調理師を目指して専門学校に入学し、免許を取ることができました。資格を活用して実際に飲食店での厨房業務として働くことになりました。

飲食店はバイキング形式で、一度に作る量がとても多いです。そのため倉庫から材料を持ってくるときも大量にもってこなければなりませんでした。普段は台車など利用するのですが忙しくて急いでる時など食材を持って走って運ぶことがありました。特にお米を運ぶ時が一番大変でした。
他にも使用するボールなども大きい物ばかりで、上の棚に置いてあるので取るのがとても大変でした。長時間の立ち仕事ということもあり体力的にとてもきつかったです。

残業は毎日のようにあり、次の日の仕込みが終わらないと帰れなかったです。人数が足りなかったのとアルバイトの人が長期の休みをとったら、代わりに出勤しないと人手がまわりませんでした。1日の勤務時間が12時間を超えることもありました。

人手が足りないときなど、一日中洗い場に入ることもたくさんあり、連日続くととても手荒れがして治らないこともありました。

料理を作るのが好きだったので調理師になったのに、料理を作ること以外の点で悩むことばかりでした。

仕事がとても忙しいのでプライベートで友達と遊んだりすることは減りました。1日の休みがあればとにかく身体を休めなければ次の日からまた出勤することが苦痛でした。

料理を作って、お客様から美味しいと言われることをやりがいにしていたのに、毎日疲れてしまってそのことも忘れていました。

このまま仕事を続けていても身体をもっとこわしてしまうし、精神的にもきついので辞めることを考えるようになりました。

専門学校までいって取った資格が勿体無いのでかなり迷いました。調理師という資格を活かすのはそのままで職場を変えれば少しは良くなるかもしれないと思い、同じ職種で転職しようと次はバイキング形式のお店ではなくもう少し小さなカフェで働こうと思っています。

人間関係は良かったので少し残念ですが、また新たな気持ちで頑張ろうと思います。

 - 飲食 ,