仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

もう辞めたい…これが生命保険業界の厳しさ

      2016/02/07

仕事を転々としていた頃、なかなか就職難でこの先どうしようと悩んでた頃、知り合いの方が働いている生命保険会社に入社しない?とお声をかけてもらいました。

保険業といえばノルマばかりで厳しいのでわと思い、迷っていましたがそんな事はないよと言われました。

福利厚生も良く、お給料も十分に貰えるためによくよく考えて私は生命保険会社に入社しました。

しかし聞いていた話しは全くの嘘で、本当にノルマがいらなかった時期は入社して4ヶ月の間だけでした。

それからは毎月ノルマで、達成しなかったらお給料も減給される事に。

そんな中で上司との関係も微妙で、1日の活動を隅から隅まで報告しなければいけませんでした。

お客様と面談出来なければ怒られましたし、電話対応や言葉遣いにもすごく厳しかったです。

それなのに成果をあげないとお給料が貰えない。

地獄のようでした。

また、生命保険の事についても毎日勉強しなければいけないので、頭の中がいっぱいいっぱいでした。

とてもじゃないけど私には向かない仕事でした。

土日祝休みでしたが、土日祝にしか会えないお客様もいます。

ですからその日も出勤しなければいけませんでした。

かわりに平日休みはもらえますが、上司には嫌な顔されます。

仕事内容だけでも自分に合わなくて悩んでいるのに、上司と上手くいかないので余計苦しみました。

お給料がもらえても、ガソリン代やお客様とのランチ代、お客様へのプレゼントなどを買っているとあっという間になくなっていき、貯金すら出来ませんでした。

そんな中、付き合っていた男性との間に子供を授かり、寿退社することにしました。

産休も育休もあると、入社前に聞いていましたが入社して1年未満だった為、産休や育休を取っても全然お金はもらえないよと言われたので辞めました。

子供が大きくなった時も働きやすい環境だよと聞いていましたが、どう考えても働きやすい環境ではないと判断しました。

理由が子供よりお客様優先しなければいけないから。

自分の都合に合わしたらいいんだよと言われましたがそれだとノルマ達成出来ないし、結局お客様に合わせる事になるから。

これからの為にも貯金したかったのもあります。

ガソリン代やランチ代だけで毎日お金が飛んでいくので死に物狂いで生活をしていました。

それは彼にも注意されていました。

辞める事も彼は止めることなく、むしろ賛成してくれたのでよかったです。

最後の最後まで聞いていた話しと違ってびっくりしてます。

もう二度と保険業界には就職しません。

 - 保険