仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

良い経験にはなりました。

      2016/02/27

高校生の冬でした。
専門学校を希望していましたが、彼氏と早く同棲したいと思いぎりぎりになって就職しようと考えだしました。

私の高校は総合学科。
必須科目はありますがほとんどが自分で好きな授業を取り、学ぶというものです。

少し後悔はしていますが
どうせ専門にいくなら。と思い本当に好きな授業ばかりで、勉強などほとんどしてません…
スポーツ、音楽、裁縫。
好きなことばかりで
毎日が本当に楽しいものでした。

周りが進路を決めていく時期でした。
被服の授業に和裁の方が来られました
みんなで運針という名の並み縫い。をし、巾着を作りました。
そして最後に和裁(着物を作る所)の道に進んでくれ者はいないか?と言われました。

よくよく話をきくと
朝8時から17時までで土日は休み。
四年は研修生になるが、
お給料は大学生のバイト代ほどはある。
数をこなすほど昇給。
四年を過ぎたら家で仕事をすることも可能なので、家事をしながらできる。
こんな良い話あるのか!と思い興味を持ちました。

帰って早速親に相談。
親は「着物なんて今時誰が着るんだ」仕事が少ないだろう。と言われました。
私の家はけっこう自由にしてもらえる親だったので、
ちゃんと考えて決めたんだ。と言うと納得してくれました。

そして、親が和裁の先生に仕事はあるのかと聞きました。
和裁の先生は着物を着る人は減ってはいるが成人式も着物。結婚式を着物でする人もいる。
それに、縫う人も減っているのである意味穴場のようなものである。と言われ、それなら…ということで4月に入社。

仕事内容は名前の通り着物のお直しなど。
成人式の時期なら半襟の付け替え。
人数は10人程度で仲も良かったです。

なぜ辞めようと思うようになったのかというと…
まずお給料。
私は大学生のバイト代なら少なくとも5万はあるかなと思っていたのが…
まさかの2万円。
まぁ、実家暮らしだったので少なくても不自由はなかったです。

先輩の話では研修が終わったら13万円らしく、なら良いか。とわ思っていました。
良くきくと、13万円を越えてもそれ以上はもらえない。越えたものはボーナスとして6月と12月にもらえる。ということでした。
…なんそれ?と思いました。
ボーナスなしでもいいからその月にもらいたいわ!ってかんじです。

辞めた理由はそれだけでわなく、
毎月2万円のお給料の中から消耗する針代なども払わないといけません。
それだけならまだしも、社長が知り合いに誘われたのだが、勉強として着物ショーに行きます。皆さんも自分で作ったものを来て出ますよ。と言われました。
自分も出るし、聞いた話とちがう土曜出勤になるのだから無料だろうと思っていたのがまさかの5000円…

それにそれに、忘年会だ!といっても和裁の下にある社長の知り合いがやっている店で3000円。
検定をうけるよ!
着付け教室するよ!
など入るお金は少ないのに出ていくお金はお給料を越えていきます。
マイナスの月もあります。

こんなの四年も続くのか…と思うとお金も時間ももったいない。とおもい半年で辞めました。

現在は和裁とは関係のない所で働いてます。
まだ続けていればあと一年も研修をしていました…
未だに入ったこもを後悔することはありますが辞めたことを後悔することはありません。
特殊な経験が出来たことは良かったと思います。
これからはもっと慎重に考えるようにします。

 - アパレル