仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

募集時の職務内容と実際のものが違いました

      2016/02/07

某冠婚葬祭の会社の募集広告を見て応募し、採用されました。
冠婚葬祭場の経営以外に、保険も取り扱っていたその会社でした。
パート募集の広告を見ると、イベントスタッフとポスティングスタッフの募集のようにうかがえました。
はっきりとどのような職種とは書いていませんでしたが、あたかも見たものがそう思えるような内容になっていたと思います。
実際はノルマ有りの営業職。勿論パートですが。
パートで、育児中の方でも自由に休みをとってOKとの触れ込み。
まさしく育児のまっただ中で、子供が熱を出せばすぐに仕事を早退せねばならない身の私はその条件に心惹かれました。
実際に面接を受けに行くと、保険の勉強をしてもらうことになることを告げられました。
私は営業職はノルマなど達成できる自信がありませんし、遠慮したい職種でしたので、勧誘などしなくてならないのかを面接の担当者に確認。
面接の担当者はちなみに、その事務所の支社長でした。
支社長は「そうではなく、イベントなどでうちが取り扱ってる保険に関してきかれることもあるので、その時に説明ができないと困るので」との返答。
なんでも、保険の資格を持っていないと、お客様に保険の説明をするのは違反行為になってしまうそうなんですね。
その返答で、私はやっぱりイベントスタッフなのだなと思いました。
実際に採用になり出社。
言われていたとおりに、最初の一ヶ月は保険の資格をとるための勉強になりました。
そうして出社していると、私の数カ月前に入ってきた同じ立場の方達からの話を聞くことになります。
なんと、私が採用されてのは営業職。
しかも、保険の他にも、式場や葬祭場への動員、葬祭場の共済への加入の勧誘など、毎月きっちりノルマがあるとのこと。
しかも募集広告にあった、地元の相場より高めの時給は、飽くまでもノルマが達成されたパートのみの金額であること。
ポスティングも実際は、飛び込み営業であること。
イベントスタッフの業務はまずないこと。
基本毎日飛び込み営業、そしてノルマの達成。
ノルマさえ達成できていれば、いくら休んでも、パートで時給ですから、会社にとって逆に都合がいいですよね。
時給払わずに、ノルマを達成してくれるママさん営業達。
思わず、これはだまされたなというい気持ちが払拭できませんでした。
1ヶ月で保険の勉強が終了し、試験に通れば即営業としてスタートです。
営業の為に着る服も指定されていて(紺、ベストかジャケットで、スカートかズボン)それは自分で購入しなくてはならないとのこと。
下手に長くいると、自腹をきらねばならなくなる…。
採用されて1ヶ月で辞めるなど、なかなか言い出せるものではなかったですが、それでも意を決して辞めることを伝えました。
直属の上司には嫌味を言われもしましたが、営業職なんて無理だとわかりきっていたので、下手にしがらみができる前にと辞めました。
せめて面接で、営業だと言ってくれていれば、その時点で辞退したのですが。
先に勤めていた方が教えてくれましたが、わざと営業職なのを隠して、募集し採用をしているそうです。
どうりで一番長くいる人で、1年ということになるはずです。
勿論営業が好きな方にはもってこいかもしれませんが、営業が得意な人にとっては、逆にあまり稼げないシステムになってるので、やはり敬遠されるかもしれませんね。

 - 介護