仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

休まず仕事をするのは必ずいいことなのか?

      2016/02/07

仕事はとにかく頑張る。頑張ってこその報酬だ。
そうお思いの方も多くいらっしゃるでしょう。決して間違いじゃありません。
お仕事を頑張ることはとても素晴らしいことですし、達成感も得られたら最高です。
しかし、休む暇もなくただひたすら頑張ることが仕事だと勘違いはしてはいないでしょうか。

私も実際、そう考える人間でした。体力がついていかなくなるまでは。

私は書店でアルバイトとして働いています。
株式会社ですが、個人経営の書店で地元に一店舗、大学に一店舗をもっている会社です。

覚えが悪くても、嫌な顔をしないで何度も教えてくれたし、ミスをしてもはっきりと、でも優しく注意してくれるような職場で、社長も店長も従業員さんもみなさんいい人たちで、最初の頃は楽しく働いていました。

ただ、この会社には大きな問題がありました。休憩時間が極端に少ないことでした。
労働基準法では、労働時間が6時間を超え8時間以内の場合は少なくとも45分、8時間以上を超える場合は1時間の休憩が義務付けられています。
しかし、私がアルバイトしている会社では休憩が10分間と決められています。私の店舗は営業時間が19時までなのですが、仮に13時から19時までの勤務時間として、その内の10分しか休みをいただけないのです。

最初は「人員が少ないし仕方がない」と思ったり、「この店の為に貢献するためには10分休憩で十分」と思っていました。
勤務時間中はとにかく目についた仕事はやりとげました。接客も人一倍がんばったし、掃除もすみずみまできれいにしようと心掛けた。
やれることはとにかく頑張って、社長にも認めてもらえるまでのアルバイトになった私はこの仕事にやりがいを感じていました。

そうし続け、2ヶ月が経ったある日、朝から酷い頭痛とだるさが襲ってきました。その日はちょうど13時からバイトで、休もうか休むまいか悩んでいました。
さすがに親に止められ、休みの電話を入れたときに店長に言われました。
「人がいないし、○○ちゃん(私の名前)にしか頼めないんだよ」と。まるで懇願するような感じでした。
根負けした私は勤務先に赴き、働きました。その日もやはり休みは10分しかもらえず、もう身体もフラフラしていて、倒れそうでした。
でも、まだその時は頑張っただけ給料が入るし、店に貢献できることに喜びを感じていました。

時にキツイこともあったけど、頑張ってアルバイトを続けてこられました。
そして、1年が経ち、店長から「今度から休みは5分にして」と告げられたのです。休憩をいただいた後に、注意するような口調で言われました。
最初は何を言われているか分からなかったのですが、なんだかだんだんと腹がたってきました。
10分でなんとか上手く回してきたのに、5分も縮めるなんてどうかしている。
殺されるんじゃないかと思いました。
休みが少ない分身体はキツイし、仕事の効率が落ちて店長に叱られる日々が続いた時の出来事でした。

最初の貢献できる喜びはどこへやら…。
私はすっかりやる気をなくし、現在は別の職場を探しています。
辞めると公にいうと、他の人から冷たい目をされることは今までの雰囲気を見ているとわかるので、消えるようにやめるつもりです。

認められる、貢献できる、仕事楽しい!
これらの感情はとても素晴らしいです。でも、資本は身体なのです。
身体を壊したら、仕事はもちろん、好きなことも何にもできなくなります。
休みなく仕事をしている方は仕事をするなら、きちんと休みをとることを大切にしてほしいです。

 - コンサルティング