仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

住宅の営業は精神的苦痛の嵐![今すぐにでも辞めたい社会人2年目]

      2016/02/27

某住宅メーカーの営業をしている社会人2年目の男です。

はっきり言ってどこの住宅メーカーの営業は精神的苦痛の連続だと思います。
私は今年中に辞める方向で考えていますが今までこんな精神的苦痛を受けてきました。

�@ブラック企業並みの労働時間

まず、労働時間は就業規則に沿っている事は絶対にありません。
朝の8時に出勤すると18時頃には定時なのですが21時近くまで働くのが当たり前です。
これがほとんど毎日です。
本当は、定時通りに帰りたいのに周りの上司や店長は帰る素振りもせずに当たり前のように仕事をしています。
こんな労働時間でいつ身体を休めれば良いのでしょうか?
ただ会社に行って仕事をして家に帰って御飯を食べて寝るだけの毎日の繰り返しで肉体的にも精神的にもかなりの限界がきています。

�A残業はサービス残業が当たり前

労働時間があり得ないくらい長いだけでもかなりきついですがまだ残業する時間にお金に変わるのであれば耐えることは出来ます。
しかし、この残業でさえもサービス残業でお金になりません。
賃金が発生して初めて遅くまで働く事が許されているのにそれを平気で命ずる上司も人間的にどうなのかなと疑ってしまい毎日がかなり苦痛になっているのが辞めたい要因のひとつでもあります。

�B住宅メーカーの裏

住宅メーカの営業はよく稼げると噂にもなっていますがそれは一理合っていると思いますがその中身を知れば稼げたとしてもこんな所に居たくないと思うはずです。

・営業の仲が悪い
→一見みんなが仲良く一致団結しているように見えますがほとんどの営業マンは自分の事しか考えていません。
失敗すれば誰かが微笑み、成功すれば誰かが妬む世界なのでどちらにせよ腐っているようにしか思えなくなりました。

・自分で考えろ!
→これはよく上司が口にする言葉なのですが新人時代の私にも容赦なく自分で考えて行動しろと言ってきました。
新人時代は右も左も分からず、住宅の知識をつけるために直属の上司や分からない所を聞いても「他の人に聞いて」「わり、分からねえわ」と全く相手にされないのです。
こんな無責任なやり方で成長等出来るのでしょうか?
私はこんなやり方をされても2年間は耐えてきましたがもうついていく気力はありません。

�Cまとめ

住宅メーカーの営業をして2年目を迎えてこれからだという時に辞めるなんて馬鹿げてると思いますよね?
私もそう思いますがこんなブラック企業に近いやり方で何も知らない新人を道のど真ん中に放置する会社からの精神的苦痛はこれからも忘れません。

 - IT