仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

医療事務になったが体調不良で辞めたい。

      2016/02/07

学校を卒業してからアルバイト生活を続けていたものの、安定した職に就きたいと感じ教室で医療事務の資格を取得しました。
誰かの役にたちたいという思いもあり、病院の事務を何社も受けましたがなかなか受かりません。
やっとの思いで受かった職場、これから一生懸命仕事に取り組もうと意気揚々でした。
仕事内容は受付・新患登録・会計と事務全般にわたり覚えることも多く毎日てんやわんやでした。
そこは大病院で毎日何百人も患者様が来て朝から晩までとても忙しい職場でした。
職員の人はほとんどが女性の女職場、華やかだなと感じました。

会計の仕事は男性のAさんが教えてくれることになりました。体格がよく目つきがするどい男性です。
何週間か経ったあと同じ職場の女性からある噂を聞きました。
「田中さん(私)の前に同じ立ち位置にいた女性は、Aさんにきつくあたられて3カ月で辞めたらしい」と。
Aさんは見た目は少し怖いですが普通の印象で、まさかなあと思っていました。
仕事を初めて一カ月たったある日、その日は突然やってきました。
いきなりAさんから「田中さんさあ!これはどういうこと?こんな適当な仕事じゃあ困るよ〜なんでそんなに間違えるの?」と大きな声で怒鳴られたのです。
私は驚き言い訳することもできずただ「すみません。」と委縮することしかできませんでした。
怒鳴られてから5分経った後、「あ、田中さあん、やっぱり、さっきのは大丈夫だったよ」と大変穏やかな様子で言われたので、たまたま間違えただけだったのかなと気にしないようにしました。
でのそれは次の日も、その次の日も続きました。
いきなり「田中さん、なんなのこれ!?前に教えたじゃないか」と大きな声であたかも私がおかしいことをしているかのように吹聴するのです。
確認しましたが初めて教えてもらった仕事なので、前回教えてもらうはずはないのです。
Aはどうやら私でストレスを発散しているのか、もしくは周囲に自分の偉大さを誇示しているかのようでした。
私がミスしているときもありますが大抵はどちらでもいいことです。
ある日はAさん、と呼びかけただけで「え〜なになに〜なにやったの!?田中さん」と大きな声で言われます。
Aは職場の中では上の役職なので注意できるひともいません。また、私以外の他の女子職員には普通です。
なにかするたびに大きい声で怒鳴られ、2時間立ちっぱなしで説教されることもしばしばです。

はじめは華やかな職場だと思っていたものの、女職場の裏側も見えてきました。
一見笑顔で会話していても裏では噂や陰口が飛び交い、言動や行動はとても慎重にする必要がありました。
あまり人付き合いは得意なほうではなくそれもストレスでした。
そのうちAの勢力が広がってきたのか、女子職員からは、聞こえるように悪口を言われることもしばしばありました。
「臭い」「気持ち悪い」などと聞こえるように言われたり、近くで噂話のような話をされ、「なんの話しですか」と聞くと無視です。

連日何百人の患者様を対応し、上司からのパワハラ、女子の人間関係にまいってしまい、初めは休日にリフレッシュしていましたが、徐々に休日中も上司のことが頭に浮かび離れなくなるようになりました。
読書が趣味でしたが、本も読めなくなってしました。全く集中できないのです。
残業も毎日あり、遅いときは夜中の11時や12時まで残ることもあります。
睡眠時間が削られ食事もまともにとれず、毎日動悸と胃のぎりぎりした痛みが毎日あるようになりました。
生活のためには働かねばならないので今も働いていますが毎日辞めたいです。

 - 保険