仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

隠れブラック企業(不動産)

      2016/02/07

私が20代前半の時に働いていた不動産企業について書いていきたいと思います。

私はその仕事につくまで、美容業のお仕事をしていました。

それまでは不動産のお仕事はした事もなく、経験はまるっきりなく知識もありませんでした。

ど素人でした。

以前から気分転換で物件を見に行くが好きで興味もあり、仕事で色んな物件が観れるし楽しそうなどとど素人ながらの軽い気持ちで応募し面接を受けました。

その面接は、社長自ら出向き、ワンツーマン面接でした。

内容はいたって普通な面接内容を聞かれ、答えと言う感じで終了。

私なんか無理だろうなと思っていた矢先、1週間程経って先方からの電話で採用されました。

まさかとは思いましたが、高収入で(20代前半で保険等の待遇も整っており24万)ラッキーだと思い、そのまま入社しました。

入社してひとつビックリした事が有ります。

それは、私と同世代の若い女性ばかりを集めた会社でした。

こんなんで大丈夫なのかな?と不安になりました。

入社してからまもなくはひたすら物件の名前、場所を覚える(自社物件も多数ありました)台帳を見てひたすら大家さんに電話(空いている部屋の有無確認)をしていました。

1か月後からはお客様にご案内するまでに指導されます。

が、その指導も他の不動産物件をけなす言い方を覚えさせられ、自社物件の価値を上げる等のロープレです。

そして、100発100中で物件を決めて来ないと常務に怒られます(貴方こんな物件も決めて来れないの?等キツい言い方で)

面接時にはノルマ無しと記載してあり、面接でも確認しましたが、ノルマは健在でした。

毎月のノルマは1人あたり100万以上が当たり前で、繁忙期は150万程のノルマを与えられました。

その売り上げとは仲介手数料、後は大家さんに交渉し、礼金をもらう(100%or50%)をかき集めて成り立ちます。

繁忙期はなんとかノルマ達成出来ても、普通月はなかなかしんどいものもあります。

勿論、いかないのが大半です。

いかない月が3か月以上見られる場合は雑用、チラシ配り等をさせられ物件を案内する事はさせてもらえません。(自己退社させる為)

私は幸いな事にそういう事はなく、また美容業に戻る為に自己退社しましたが、クビになった方、雑用でゴミのような扱いを受けた方をいっぱい見てきました。

後から聞いた話ですが、その会社は監査等念入りに入り目をつけられているようです。

今でもその会社は健在しています。

 - 不動産