仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

美容師として得た事をこれからの自分の将来に

      2016/02/07

私は、美容師として
働いて4年目を迎えます。

しかしまだスタイリストではなく
アシスタントの段階です。

2年目ぐらいから美容師としての
自覚や興味が薄れスタイリストに
なる気にもなれませんでした。

先輩方の話を聞くと今の私の
キャリア年数にはスタイリストデビュー
したと聞きました。周りの美容師の
友達もデビューしてる人は何人かいます。

しかし焦る事もなくただただ与えられた業務を
こなしていけばいいという方向に
自分の考えが置き換えられていました。

私も学生の頃には美容師なったら
沢山のお客様に指示されるようなスタイリストに
なりたい。と強く夢を持っていました。

だけど現実はそう甘くありませんでした。
技術が手につくまでは営業後に遅い時間まで
練習の毎日。その上給料面が低いなどあり
自分の時間も制御され、楽ではありませんでした。

また先輩方とは意見の食い違いなどで
ぶつかったりストレスも溜まる一方で
体調不良など日常茶飯事でした。

美容師でつきものの手荒れも悪化する一方で
本当に選んだ道は美容師で良かったのかなと
考え悩み辞めたいと思うようになってきました。

わざわざ美容学校に行ってまで美容師免許を
とったのですがこんな気持ちのままだと
一緒に働いてるスタッフさんにも申し訳ないし
何より応援して下さってる家族やお客様の
期待を裏切ってしまうんではないかと思い
4年目を迎える前に美容師という仕事を
終わろうと考えています。

私が今まで美容師としてやってこれたのは
お客様や同期のみんなや家族が
居たからです。美容師という仕事は
人との繋がりが素晴らしいと感じました。

出来る仕事も増え担当するお客様も増え
楽しい時期もありました。美容師して
本当に良かったと誇りに思う時だってありました。

一番私にとって仕事を通して
やりがいを感じた事は自分のスキルが上がる。
会社に貢献出来てる。とかではなく
お客様と何気ない会話をしながらの
接客をしたりお客様の事を考えて
シャンプーやトリートメントなどの
商品をオススメする事が何よりのやりがいに
感じ美容師として人として
磨く事が出来たんではないかと思います。

いつからか冷めてしまったのかは
分かりませんが私はまだまだ
若いのでこれからいろんな事に
挑戦出来たらいいなと思っています。

私の考えがまだまだ未熟で
甘えてるだけと思われても仕方ありません。

しかし自分の道は自分で
貫き通せなきゃ意味がない事だと
ずっと思ってきた事なので
美容師としてではないのですが
美容師で学び得た事を生かせるような
自分がこれだ。と思えるような
仕事に就きたいと思います。

 - 美容