仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

システムインテグレーターの営業なんて大嫌いだ!

      2016/02/27

私はシステムインテグレーターの営業職でした。

今も同じ会社で勤務していますが、部署移動により企画職に転籍しています。

会社のことが死ぬほど嫌いで転職活動をしていましたが、辞めなかったのは給料だけは同年代でも突出して良かったからです。

では、なぜ辞めたかったのか、ご紹介いたします。

【なぜ、システムインテグレーターの営業職が嫌だったのか】

業界構造の劇的な変化により、競合間での競争激化により、営業の責任が重くなったからです。

現在、IT業界を取り巻く環境は困難を極めています。

というのも、クラウド化と言って、会社が資産としてサーバーを購入することなく、サービスとして利用するケースが増えてきているからです。

当然、大きく体力のある会社は環境の変化に適応するべく、事業を拡大しています。

しかし、弊社はというとその転換に乗ることなく、メーカーの営業と手を組み従来型のビジネスを継続しました。

しかし、従来型のビジネスを失注するケースが多くなり、その原因を上層部は提案力不足と責めてくるのです。

これでは溜まったものではありません。

現場からはこのままでは駄目だ、新しい技術を取り入れなければ先はないと訴えました。

しかし、上層部は誰も責任を取りたがらないので、事業のコアコンピタンスを変えることはありませんでした。

【営業から企画への転換期】

営業として終焉を迎え、企画職として異動したのは、病気の発覚です。

昼間の耐え難い眠気に襲われ、場面を弁えず眠ってしまう睡眠障害を抱えていたことが判明しました。

客先でも何回かやらかしてしまい、怒られる日々。

自分の不甲斐なさに耐えられなかったです。

でも、自分の意志ではどうすることも出来ず、話をしなければ眠ってしまう。

営業としての責任が重くなっていくところに、このような病気を抱えたまま外には出せないと判断され、私は社内へ異動となりました。

【企画職への異動後、なぜ会社に居座り続けているのか】

営業は責められる会社ですが、社内勤務者やエンジニアには甘い会社だからです。

社内でやる事をやっていれば、誰も文句を言いません。

休みも取りやすいですし、何よりも給料が良いです。

大手電機メーカーと給与水準は同じです。

月に少なくとも20000円は残業代が出るし、残業代が支給されない会社にわざわざ行くこともないと判断しました。

尤も、睡眠障害を抱えたまま転職活動して採用してくれる企業なんてないと言うのが本音です。

やめるときはそれでも雇ってくれる会社が見つかった時か、いよいよ役員が資金繰りに困ったという話をしている時の2択です。

 - IT