仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

厳しいノルマに耐えれず辞めました。

      2016/02/13

既に退職して数年が経ちますが、光インターネットの新規契約の営業をしていました。
面接時の説明では、
「ノルマはあるけど普通に人と会話が出来る人なら誰でも達成出来るノルマです」
「仕事に慣れ、営業成績が上がるにつれて、毎月自分で達成出来るノルマを設定すれば良いです。
自分で設定したノルマを達成出来るペース配分を考えてやって頂ければ残業も無理にする必要はありません。
営業成績が上がれば、給料に成績に応じた営業成績手当てが付きます」
休みに関しては
「週2日、希望の曜日を指定でますが土日に出勤してもらう事もあります」
との事で、未経験の人も安心して仕事が出来る様に研修制度もありました。
この時の私には、仕事を選んでいる様な余裕も無かった為、仕事内容も興味があったので、この会社で働く事になりました。
最初の1ヶ月は、先輩に同行して仕事の流れを把握することでした。
この会社は、マンションやアパートに住まわれている方々を対象とした営業で、いわゆる訪問営業でした。
この事も面接時に説明はありました。
とはいえベテランの先輩でも、簡単に契約が取れる日もあれば、100件以上訪問しても契約が取れない日もありました。
1日の営業活動が終わり、会社に戻ると、マニュアルに沿った営業トークの研修が始まります。
そんな研修も無事終了して一人で営業に出る事になり、最初はノルマも低めに設定していたので、半年ほどは何とかノルマを達成していました。
ところが、半年を過ぎたころから、
「いつまでも低いノルマ設定では成長しない」
と言われ、支店長がノルマを設定することになりました。
正直、楽なノルマでは無かった為、少し不安でしたが断れませんでした。
月の中盤ごろになると、
「このペースではマズイ、ノルマ達成出来ない」
と、焦りはじめ、訪問件数を増やしたり、19時?20時に訪問して面談率を上げる等、出来る限りの努力はしましたが、結局ノルマは達成出来ませんでした。
その為、ノルマを下げる様に支店長にお願いしましたが、却下され、翌月も
きついノルマを設定されました。
そんな日々が続き、気がつけば帰宅が
深夜になる事も多々ありました。
月のノルマを達成出来無かった社員は支店長に、
「なぜ、達成できなかったのか?」
「ノルマを達成する為には、どの様な努力と改善が必要なのか?」
といった事を報告させられました。
このころには、同期入社した同僚も、次々に辞めていきましたが、そんな同僚の中には、上司に
「契約が取れるまで帰って来るな」
と、言われ本当に帰社せず翌日、辞表
を片手に出社した人もいました。
私は年齢も30歳を過ぎ、家庭もあった為、簡単に辞める事も出来ず、妻にも相談出来ませんでした。
しかし、私がこの会社を辞めよう。
と決心する出来事が起こりました。
それは、何の告知も無く給料を下げられボーナスもカットされたからです。
さすがに、この事に関しては抗議しましたが、
「君の営業成績では会社の利益が上がらない、不満なら辞めてもいい」
と、あっさり言われ、結局、2年半で退職しました。
辞める際に、妻に全ての事を話したところ、妻は、
「どうして、もっと早く相談してくれなかったの?無理しなくてもいいからもう一度しっかり就職先を探そう」
と、言ってくれました。
今思えば、何故あんな会社で頑張っていたのか不思議に思うくらいです。
もっと早く妻にも相談すべきでした。人には向き不向きがあり、仕事も努力や頑張り次第では、長く働く事も可能ですが、会社がその努力や頑張りをきちんと理解し、サポートしてくれなければ無理な話しです。
現在は別の会社で働いていますが、会社での出来事や悩みなど、家族にも話せる会社に再就職できた事を、嬉しく思っています。
半年ほど前に、以前の会社の同僚から連絡があり、会社に不満がある社員が
数十名ほど会社を辞め、それをきっかけに退職者が続出し、裁判沙汰にもなる寸前だったそうです。
結果、8割り以上の社員が辞めてしまい倒産してしまいました。
希望を持って入社した社員を、大切にしなかった結果だと思いました。
会社でのトラブルや悩みは、一人で考え込まず、家族や知人、友人に相談す
る事。
そして、この会社の様なブラック企業が実在するということを改めて痛感しました。

 - 通信