仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

工場にも、お局はいる気をつけて下さい。

      2016/02/13

私は某大手企業の車のラインで働いてます。
私は立ち上げからその会社にいますが、最初はアルバイト等のオープニングスタッフの様な気持ちが皆も持っているので、お互いに協力して助け合いながら働いてました。
そうゆう環境でやってるので、業績はかなり良くなり生産数も上がりました。
しかし人が足りない新たなラインを立ち上げる度に人が増えて来ました。
そうすると、今までの協力し助け合いの精神が徐々に崩壊していくのでした。
大量に人が入り、その半分以上が辞めて行くんです。
そんな流れの中で、立ち上げからいる私はいつも相談を受ける立場でした。
この会社はずっとこうなんですか?何で意見を聞いてくれないのですか?等色々な相談がありました。
この手の相談は、話しを聞くしか出来ないけど話すだけでも違うから話し聞ける時は聞くから相談して下さい。
と言うと、相談者もスッキリするのかもしれないです。
辞める事はありませんでした。
では何故辞めていくのか?特に女の子が多いんです。
ある時、部給とゆうライン全体に物を運ぶ仕事をしてたんです。
その時に気づきました。立ち上げて2年目に入ってきた女の子が新人の女の子を責め立ててたのです。
それは誰が見ても酷かったのですが、皆も私も止めれませんでした。
その2年目のお局は上司にはかなり甘え上手でお気に入りだったからです。
お局は30歳前にもかかわらず、自分より歳の離れた人だろうが、10代の子だろうとお構い無しに責め立てます。
私も、これが原因と気づきながらも相談を受けても上手く応えられずに終わる事がありました。
そして相談者は辞めて行きました。
相談を受けてた事もあり、相談者が辞めても仲良くさせてもらってたんです。
辞めてからの女の子は私がいる会社の時より良い顔をしてました。
その女の子は言いました。お局でもあそこまでの人はいないから、かなり良いよとの事でした。
次の日会社に行くといつものように我が社のお局が責め立ててる景色。
会社の上司も間違ってるんです。お局がいなくなれば間違いなく離職率は減るはずです。
しかし、一番可哀想なのはお局かもしれません。
辞めた女の子は笑顔で働き幸せを手に入れてるんです。
かたや毎日人を責め立て怖い顔で幸せを手に出来てないんです。
お局はどこの会社にもいますが、工場にはいないということはないです。責められても可哀想だなと思える精神力がないと続きません。
例え辞めたとしても未来はあります。お局には辞めてく人の気持ちは解らないのです。

 - 製造