仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

拘束時間が長く、残業なし、給料も少ない携帯ショップ店員を辞めた

      2016/02/13

3年前の大学卒業後、新入社員として携帯ショップの運営を行っている会社に正社員として入社致しました。

仕事にはやりがいを感じていた私が、この仕事を辞める決意をした理由を書いていこうと思います。

まず第一に、拘束時間の長さです。

朝は10時にオープンし、夜は20時閉店の店舗で働いていました。

募集要項には、時間は交代制とありましたが、実際は人手不足により、10時から20時までフルタイムの出勤でした。

さらに、実際は30分前の9時半には出社しなくてはならず、夜は、店舗は20時に閉店しますが、そのあとの閉め作業であったり、数字が上がっていない中早く帰るなんてという空気感もあり、終電ギリギリまで働き、月末には終電を逃し店舗に泊まることもありました。

体力のある若い内なら頑張れますが、ずっとこの会社で働くということに対して、無理だという気持ちがどんどんと芽生えました。

また女性である自分は、結婚、出産も将来的にはしたいと思っていた為、この会社では難しいと感じました。

次に、残業代が出ないことです。

月に40時間の残業代が給料に組み込まれており、40時間超えた場合は、上司がタイムカードを調整し、実際は40時間越えていても、タイムカード上では超えることはありせんでした。

私が働いていた2年半の中で残業代が出たことはなく、出ないものだと認識してしまっているほどでした。

そして、給料の安さです。

これだけの拘束時間で考えるとあまりにも少ない給料でした。

私は1年で店長になりましたが、それでも店舗だけで終わらず家に持ち帰ってしないといけないほどの仕事量と、数字に対するプレッシャー、そして拘束時間を考えるとあまりにも少ない給料でした。

大学時代に奨学金を借りていた為その返済もあった私にとっては、とても貯金できる余裕もなく、やはり将来のことを考えると不安が募りました。

仕事内容自体はとてもやりがいがあり、楽しく、達成感をすごく感じられました。

色々なお客様とも仲良くなり、常連の方も多く、とても楽しいと感じていましたが、やはり、拘束時間や、それに見合う収入がなければ、仕事は続けていくことが出来ないと、改めて感じ、転職を考えました。

今のことだけを考えると続けられる仕事ではありましたが、やはり将来のことを考えるとどうしても、明るい人生を描くことができませんでした。

今では、以前より給料が高く、拘束時間は1日8時間で、以前の会社より年間休日が30日ほど多い会社に転職し、自分の時間も作れて楽しい毎日です。

今だけではなく、先のことまで考えた人生設計をしていきたいですね。

 - 通信