仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

ブラック企業を辞めたいと思った理由

      2016/02/13

依然勤めていたブラック企業を辞めた時の事を書きます。
以前自分は、設計〜納品までをワンストップで行う中小企業に勤務していました。
勤務したての頃は、やりがいも感じ頑張ろうと思い就業を決意し頑張っていました。
そんな感じで始まった業務ですが、一ヶ月もしないうちにおかしくなってきました。
新たな案件が決まり、先輩社員と業務を分担し任されました。

結構な規模の案件です。
納期は一ヶ月しかありませんでした。
設計からということで先輩社員の設計した装置図面の部品化を行い加工業者に発注し組み付けを行い
電気的なソフトや配線を行います。
設計から図面にするまで一週間しかありません。
社員数は僅かの5人です。
朝9時からの就業開始ですが、7時から出社し作業開始し帰宅は13時を回るころまで業務を行います。
もちろんそんな時間で終わるわけも無く自宅にデータを持ち帰り自宅でも作業します。
その頃自分は結婚したばかりでした。
もちろんプライベートの時間など無く昼夜問わず仕事を行いました。
土曜出社は当たり前で、日曜も持ち帰り図面を作成しました。
そのかい合って納期には間に合いました。

その後も同じような日々を送り業務を行っていたのですが、日々の激務からか
体調を崩し入院しました。
医師からも業務しすぎで体調不良になっていると言われ退職を考えました。
しかし、安定した収入がある今の会社を辞める判断は容易ではありませんでした。
無職になり、仕事を探す期間の収入が心配でした。
そんな中、携帯にて転職サイトを発見し即応募をしました。
ですが、業務量が多く他社の面接に行く時間はありませんでした。
そのままズルズルと一年働き心身共に疲れきった自分は、退社してしまいました。
今振り返ると、給料も安く、業務量も多い会社によく一年も居られたと不思議に思います。
余裕が無いのは自分だけでは無かったので、その中小企業の上司もカリカリしていて罵声が飛び交っていました。
また、5人程度の会社なのに派閥があり、力の無い方所属すると苛めにあいます。

プライベートや趣味に時間が裂けない状態で働くのはストレスにもなりますし、友人との付き合いも無くなります。
そんな環境では、働くという意味も見失いますのでそういった環境の方は自身の事を考えて下さい。
子供が居ると尚分かりますが、夢のあった頃と現状では気持ちも違いますし、実際やりたい事なのかを考えてみてください。
自分の場合は、転職サイトを休憩時間に見ていた時点でやりたい仕事との相違があったと思います。
現在は、辞めて別の企業に就職し業務を行っていますが、激務だった頃のことはトラウマです。

 - 製造