仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

女性の憧れ大手企業の営業事務を辞めたい理由

      2016/02/13

事務経験者ならきっと一度は羨ましいと感じる大手企業の事務員ですが、そこには思わぬ落とし穴がありました。

私が経験した大手企業での深い闇について挙げていこうと思います。

まずはワンマン社長が多いという事です。社員の言葉に耳を傾ける事はなく自分の我が道を行き、失敗すると社員の所為にします。それでも、過去にこうゆう失敗があったので今回は別の方法で行った方が良いのではないかと社長に対して意見しようものなら、その人は会社そのものから邪魔扱いされ退職に追い込まれます。もちろん会社都合になどなりません。言葉巧みに自己都合へと導かれます。表面上の福利厚生は完璧なので、退職者からは何も言えないのです。

次にあげるのが給料についてです。高いというイメージを持っている方が多いのですが、実際は事務程度にそんな大金は払えないという企業が多く、明らかに下に見られます。実際、私も月16万程度です。ここから保険なりの引かれものがあるので、給料の低さは否めません。その給料の割に作業は多く、不真面目な営業社員とペアになってしまうと営業事務という業務だけでなく、実際の営業業務までもが自分にふりかかってくるのです。これはかなりの負担です。また、残業するのにも上司の許可が必要で、残業理由を伝えると明日できる事は明日にと言われ、また翌日も残業になります。そして残業が続くと注意され、定時帰宅するよう促されます。実際の作業に加え、本来は営業社員が行う仕事を1人で行っている事に対し、営業社員への注意がないのが不思議なところです。ちなみに営業社員は私たち事務員の倍以上の給料を受け取っています。作業はほとんど私たち事務員がしているのにも関わらずです。本当に不公平にも程があります。

これに加えあげるのが、管理職の頼りなさです。天下りが多く、社長の言いなりといった感じでしょうか。実はここが一番のストレスポイントです。直々の上長になるので、本来であれば仕事の事だったり営業社員に関しての相談をしたいところですが、そんなことは全くできません。それどころか、実際には私たち事務員が行っている作業をいかにも自分たち営業社員がしているかのように報告されます。正直、本当にやる気をなくしてしまします。

言われた事だけをしていても注意され、自分の意見を伝えても反対され、実際の業務をしていない営業社員が大事にされている現状です。自分の考えで仕事ができないので、やりがいもあまり感じる事ができなくなりました。営業社員との給料差や対応の不公平さにも疲れてきました。これが私が辞めたいと感じた大手企業の闇です。

次に仕事をする際は、給料もですが自分にとって何が一番ストレスフリーかを考えて選びたいと思います。大手企業だから良いとは限らないという事が伝わると幸いです。

 - 小売