仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

リラクゼーションサロンの理想と現実。私がやめた理由

      2016/02/14

リラクゼーションサロンっていいですよね。
人の疲れを癒して笑顔で帰っていただく…そんなイメージが強いのではないでしょうか。
でも実際は違います。もちろん本当に体の疲れがほぐれて笑顔で帰っていく方もいます。しかし私が務めていたところは経営側とスタッフ側で目指しているものが全然違いました。

そのすれ違いから多くのスタッフがついては離れを繰り返している状態でした。経営側は売上を上げることのみ。スタッフ側はお客様に合わせたプラン提供したい。ということでした。

もちろん会社ですから”売上を上げる”ということは大切だと思います。そのためには普通、技術の向上・コミュニケーション力・経験値など考えれば様々な改善案が出てくると思います。

でも特にこれといった対策はなく売上が悪いことを全てスタッフのせいにし会社側は数字がすべてというような場所でした…。

もちろん、他のリラクゼーションサロン全てがこういう実態なのか、と言われると他店で働いたことがないのでなんとも言えません。とある会社ではこのような事実があったという程度におさえておいてください。

実際にもらっていたお給料ですが、私の場合手取りで14万円でした。交通費込みです。これも会社の管理が悪く入社した当時は13万円でどうやって1万円upしたのかというと、”もらえるはずの手当がもらえていない”ということでした。直接事務所の方に問い合せたところ「もらっていないの?確認しますので折り返します」との返事。

その後の対応は「入社半年でもらえる手当なので来月から口座に振込みます」とのことでした。私より先に入った先輩は”入社当時からこの手当はもらっています”もちろん方針が変わったなんてことは聞かされていません。

これは数ある管理体制の悪さの一部です。

そもそも元をたどれば記載されていた求人情報と中身がほとんど違うので研修の時点で辞めておけば良かったのでしょう…。

休みも週休2日のはずが1日しかなく休日出勤したとしても手当も残業代ももらえませんでした。

有給ってありますよね、正社員で働いていたので当時働いていた会社にもありました。がしかし、あるだけで有給なんてものは”使えません”会社側が理由をつけて拒否していました。

他にもたくさん、もっと言えないような内容のひどいお話もあります。しかしここで私が言いたいのは…

1、求人があったとしてもよく会社の情報をみること。これは面接のときにも使えますしなにより自分自身のためです。

2、何かおかしい、あきらかな管理体制の悪さなどがあればたとえ上司であろうとそれは言った方がいいです。自分のためになりませんし、きっとほかの方も同じ思いをしている人もいるでしょう。

この二つは頭の隅にでも置いておいて、いざと言う時勇気を出して言葉にしてみるといいですよ。

もし、リラクゼーションサロンで働くならば、大手なら働いていたことがある人に話を聞く。あまり聞いたことのない企業はよく観察した方がいいでしょう。もし私がまたリラクゼーションサロンで働くとするならばきっと個人経営の小さな店を選ぶと思います。

皆さんの会社やパート先などどうでしょうか?

たとえパートでも我慢なんてしないでください。私の職場の同僚は体を壊し精神的な病にかかってしまったため治すにはかなりの時間が必要になってしまい今でもまともな職につくことが出来ません。現在私自身妊娠をきっかけに辞めましたが、それでも数ヶ月は働かされていました。もうあんな思いはしたくないです…。

今一度ご自分のこと、よく考えてみてください。

 - サービス