仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

デパート勤務の華やかさに引かれて入社、過酷すぎてやめました

      2016/02/07

デパート従業員の華やかさにひかれて、転職しました。勤務している人は、どの方もきれいに見えますよね?私も・・・と思ったものの、あまりにも労働環境が悪いため、結局1年ほどで退職しました。理由の一つは、とにかく、勤務時間の長さが、想像以上に辛かったことにあります。朝も8時半前から出勤し、夜は夜で、普通でも8時半頃は当たり前。ディスプレイを変更しなければならなくなると、その後、追加で作業開始なので、終了は9時半を過ぎることは、多々あります。帰っても食事して、ただ寝るだけ。

 

あまりの睡眠不足に、電車の中で貧血を起こし、倒れることもありました。でも急に休もうものなら、「体が弱いのか」「シフトはどうなる、人に迷惑が掛かるでしょ」などの、罵倒を浴びせられるだけで、「大丈夫?」とは、一言も掛けていただくことはなかったです。勤務中は、1時間のお昼の休憩時間以外と、プラス少しの休憩しかなく、休憩時間以外は当然座ることなど出来ませんので、夕方頃には足がパンパンにむくんでしまいます。

そのため、勤務開始当初は、靴の痛みに耐えるのが精一杯。靴の中の足はキズだらけで、絆創膏だらけでした。ですので、内心は痛みのことで頭が一杯で、接客どころではありませんでした。上司は、何かにつけて、事務所というか、裏の部屋に入って、顧客に電話したりで座っていますけど、私達下っ端は立ちっぱなし。

足の痛みが、本当に辛かったです。そして、サービス業なので、これも致し方ないのですが、祝日の休みが、一日もありません。シフトはもちろん、上司が決めるのですが、日曜日や祝日に休みを入れてもらえるなんてこと、皆無に等しかったです。

日曜・祝日などは、上司や、地位的に上司のすぐ下の人から優先的に取るため、下っ端が、日曜・祝日に休めることなど、ほとんどなかったのです。ですので、結婚前提の彼氏ができて、どうしても大型連休に一緒に旅行に行きたくなり、その前に退職を申し出ました。そうでもしないと、大型連休なんて、向こう何十年は取れない感じだったからです。体調を崩して、たった一日休むだけで、罵倒されていたので、連休直前の退職申し出に、怒られるかと思いましたが、結婚という二文字で、あっさり退職を認められました。

それどころか、「結婚なんて、おめでたい理由で辞める人初めて」と、言われました。やっぱり、過酷な勤務状況が、今まで多くの離職者を出してきたんだろうな、と想像してしまいました。私は、他業種からの転職でしたが、こんなに過酷な職業があるのかと、ただただ驚きました。アルバイトを含め、生涯の勤務において、デパート勤務が、一番過酷でした。私は、二度としたくありませんし、子供にもさせたくありません。

デパートに行って、商品を購入する際は、自分の経験を参考に、小なれた感じの人よりも、初々しい感じの一生懸命そうな人を選んで、必ず購入するようにしています。下っ端の人は、安い金額の商品を、沢山売って、販売金額を稼ぐしかできませんが、上の人は、高いアパレルなどを少し売っただけで、販売金額を稼いでいるのですから、労働条件は格段に違います。若い店員さんを見ると、「きっとこの人も過酷な労働を強いられているんだろうな」と思い、その人を応援せずにはいられません。私にとって、デパート勤務は、とても良い社会勉強になりました。

 - 小売 , , ,