仕事を辞めたい日本代表

当ブログは仕事を辞めたくて、仕方がない人間が運営しているサイトです。体験談を多く掲載していきます。

*

回転寿司のキッチン作業を体調不良を原因に辞めました

      2016/02/07

3年近くパートで回転寿司のキッチンで働いておりました。仕事もですし、色々と話せる友人もできて毎日とても楽しかったです。
この仕事をいつまでも続けていくんだろうなと思っていました。
しかし、今年に入り交通事故にあったり、不注意からですが、怪我をしてしまったりが続き、色々と仕事を頼まれることも増えてきました。
子供にもさみしい思いをさせてしまうことも多々ありました。そんな折、妊娠をしました。飲食店というのもあり、つわりのある状態で立ち続けれないし、重たいものを持たないというけないのもあり、最初は隠したままでいこうかなとも思いましたが、あれしかできないからこれ以外はやりませんとも性格上言えず、キッチン内の状況がよくないことも分かってはいましたが、主人も私も3人目を望んでいたので、つわりが収まるまで休むという選択もありましたが、きっぱり辞めようと思いました。
しかし、流産をしてしまい、戻ろうとかなとも1ヶ月の間色々と考えてみました。
でも、今までに上司から言われてきたこと、やってきたことなどなどを冷静に考えてみました。
子供と家庭があるのに中心はいつの間にか仕事になっていたことでないがしろにしてきてしまったこと、
口にはしないけど寂しい思いをさせてしまっていたことに気が付きました。
職場でもいいように使われていただけなのかなと思えてきました。
休んでいる間メールをくれたのも色々と話ができる友人一人だけでした。
結局、私ってなんだったんだろうと思えてきました。
表ではいいように言ってはいても、実際離れてみると、置かれていた状況というのがよく分かるようになってきました。
そして、心身ともに疲弊してしまいました。
実際に戻っても表立ってはいい顔しても裏では何を言われてるんだろうという風に考えるようになりました。
そして結局戻ってもまた無理をして働いていいように使われる続けるんだろうなと、私自身の心も弱かったのかもしれません。
たどりついた答えは、私自身も大切にしたい、なにより家庭、子供を大切にしたいと思えるようになりました。
そのためにはもう少し近場の職場を探そうという結論にたどり着きました。
友人には戻っておいでよと何度も言われました。前だったらそこで心が揺らいだかもしれません。
でも、何が大切なのかに気が付くことができました。
それを話をしたら理解してくれました。嬉しかったです。
子供に聞いてみたら働いているほうがいいなと言っていたので、次の職場を探すときは自分自身を大切にしてあげれる職場を探そうかなと思います。
これが私が今の職場を辞めようと思った理由です。

 - 飲食 ,